長く楽しむために!フィギュアの飾り方について


直射日光は大敵!必ず避けて飾ろう

マニアの中で高値が付くことも珍しくないおもちゃといえば、フィギュアです。フィギュアは大切に扱わなければ、色落ちやべとつきなどが発生します。飾る際には正しい方法でお手入れする必要があります。まず第一に、フィギュアを飾る場合は必ず直射日光を避けましょう。日光が当たると、塗装に影響します。溶けてしまったり、色が落ちるケースが発生するのです。長い間日光に当てる事で、変色する可能性もあります。基本的に日光は大敵です。ケースなどに入れて本体を守りましょう。

ほこりは小まめに落とすのが吉

フィギュアを長く飾っていると、ほこりが溜まりがちです。少し手間がかかりますが、いつまでも美しい姿をキープするためには、ほこりを小まめに落とす必要があります。長い間ほこりを放置しておくと、フィギュアに張り付いたり、関節の中にまで入りこんで動きが悪くなる事もあるのです。フィギュアの専門店などには、ほこり磨き用の布が置いてあります。本体に傷がつかないような柔らかい布でふき取りましょう。

大切にするなら箱から出す!

大好きなフィギュアの場合、箱から出す事すらためらわれる事があります。ですが、大切なものであれば出来るだけ箱から出して保管しましょう。長い間箱に入れたままの場合、塗料から出るガスが充満してフィギュアに害をもたらす事があります。塗装のムラや破損の原因となるので、箱は丁寧に他の場所にしまい、本体はショウケースなどに飾って保管しましょう。フィギュアを倒さないために、近頃は粘着パッドなども売られています。

昔凝り性で集めたフィギュアが、年を重ねればいらなくなることもあります。そんなときはフィギュアの買取をお願いしましょう